上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気づけば半年も放ったらかしにしてたんですねぇ(^^;)

ということで、超久々の更新。ボディ塗装からですね。

13042001.jpg
↑ストライプ部分は、ホワイトサフ→ホワイトを先に塗装してあるので、残す部分を
 マスキング。サイドステップは外して別塗装します。

13042002.jpg
↑ストライプは、今回はタミヤの6mmマスキングテープをそのまま使用しました。
 何度も貼り直しながら直線を出して行きます。ボンネット→トランクといって
 最後にそれが繋がるようにルーフをマスキング。
 曲がって見えるのは写真の関係で実際は大丈夫です(*^-^)b

13042003.jpg
↑スプレーのままかブラシに移すか迷ったんですが…
微妙に面倒だったのでスプレーでブシューっといっちゃいましたよ。

13042004.jpg
↑マスキングを剥がしてみる…まあまあ成功かな?
 スプレーの時点で塗膜が厚くなってストライプとの段差が結構できることは
 想定の範囲内。はみ出してる部分や段差がひどい所を丁寧にデザインナイフや
 綿棒などを駆使して修正していきます。
 段差に関しては最後のクリアである程度カバーできますので、よっぽどでない
 限りはそんなに神経質になることはありません。

13042006.jpg
↑今回はフロントバンパーが穴だらけで難しかった…ここは最初からタッチアップ
 するつもりでしたので、タミヤのエナメルホワイトを爪楊枝の先で置きながら修正。
 
13042005.jpg
↑シャーシと合体してみる。
 (-"-);ウーム…なんか全体的に寂しいなぁ。「LAYTON HOUSE」とかゼッケンとかの
 デカール貼ろうかな。
 バンパー下のスカートはカーボンデカールかカーボン調塗装の予定。

ここまでくればもう一息です。次の例会に間に合うか?

スポンサーサイト
ボディカラーはレイトンブルーにするんですが、それだけだと寂しいのでまた
レーシングストライプを入れちゃう話はしたと思います(^^;)
んで、ストライプは白にしようと思ってるので、塗装の順番を迷ってました。

レイトンブルーの塗装のノリがいいのでサフから直でいいやって思ってたんですが、
それだとその上に白を吹くことになるんで発色の問題があります。
なので、面倒ですが一旦白にしてからストライプ部分をマスキングし、ボディ色を
吹くことにしました。飛行機で大戦機の日の丸を塗装で仕上げる時、白部分によく
使われる方法ですね(*^-^)b

ということで、とりあえずタミヤのホワイトサフを吹きました。
12100201.jpg
12100202.jpg
↑エアロもボディ同色なので一緒に。写ってませんがトアミラーも忘れず白に吹きます。
 ストライプを残す部分だけ念入りにただし塗装が厚くなりすぎないように。

なんかこのまま白いエクシブでもカッコイイんですけど(笑)
このあとストライプ部分に白を吹くかちょっと迷ってます。
クリア吹きますからこのままでも十分ちゃ十分なんですよね。一応吹くかな(-"-);ウーム

リップ部はサフのままですが、アクセントにカーボンデカールでも貼ろうかなと。
失敗したら黒くしよう( ̄▽ ̄;)ナハハ

12100203.jpg
↑内装もとりあえずこれで完成とします。

次はいよいよマスキング&塗装です(*^-^)b
エアロが結構手強くてというか、片方パテ盛りが足りず…補修してました(^^;)
で、とりあえずOKかなって感じになりました。あとはサフ吹いて微調整します。

12092801.jpg
12092802.jpg
12092803.jpg
↑まだ「完全硬化」してない感じなので、この状態でもう少し乾燥させます。
 
12092804.jpg
↑その好きにロールゲージを組みました。
 色は迷ったんですが、ストライプに合わせて白にしました。
 といっても実は白サフにクリアを吹いただけってのは内緒で。
 それにしても何点式やねん!ってロールゲージですね(^^;)
 これなら剛性上がりそうだし安全ですよね。さすが競技車両です(^O^)

12092805.jpg
↑載せてみる。

12092806.jpg
↑ちなみにリアウィングですが、結局今回はリアスポレスにしようと思って
 埋めちゃいました。

12092807.jpg
12092808.jpg
↑仮組んでみる。なるほど、カッコイイですね!(*^-^)b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。